サイト内共通メニューはここまでです

[本文はここから]

ORIS CXF TOOLBOX

ブランドカラーの革新的ソリューション

ブランドカラーのグローバルなコミュニケーションを可能にするオープンな革新的ソリューション。

ORIS CXF TOOLBOXは、いろいろな測色器で測定されたCGATSデータをCXFデータにコンバートします。また、CXF TOOLBOXは、PDF/Xファイルを分析し、CXFデータをエキスポートできます。エキスポートされたCXFデータには、ドットゲインの情報や測定データ、許容値誤差(CXFデータに登録されている場合のみ)などが含まれます。また、CXFデータをCCMで使用することで、印刷で使用されるインクの配合成分や不透明度を正しく伝えることが可能になります。CXF TOOLBOXは、PDFファイルに新しいCXFエンベットし、刷り順情報などのデータを変更し、PDFファイルをアップデートすることもできます。 ORIS CXF DESINGERは、作成されたCXFファイルをAdobe illustrater Softwareのスウォッチライブラリにインポートすることができます。これにより、デザイン段階から正しい測色データを持つブランドカラーが使用され、CXF Designerプラグインは、作成されるPDF/XファイルにCXFデータを自動的にエンベットします。

ブランドカラーのグローバルなコミュニケーションを可能にするオープンな革新的ソリューション!

グローバルな世界では、正確なカラーデータをデジタルデータでコミュニケーションする要望が急速に大きくなっています。グローバルなワークフローだけでなく、社内のデザイナーからのプレスへのデジタルワークフローは、色や外観をコミュニケーションするために、一般的で適切かつ有効な手段を求めています。CXFはワークフローに係わる様々な局面で使用されるカラーの情報を、シームレスでグローバルなデジタルコミュニケーションを実現します。
CXFは、完全にオープンな形で定義されています。そのため、ワークフロー内で必要なすべてのカラー情報が定義できるように設計されています。それは、将来アプリケーションやカラーコミュニケーションで必要となる情報も含めて拡張性を持たせてあります。
CXFファイルを使用したワークフローを使うと、デザイナーは正確なブランドカラーでデザインすることができますし、作成されたPDFファイルにCXFファイルがエンヘッドされていれば、デジタルプルーフで正確なブランドカラー再現ができますし、印刷ではCXFファイルからブランドカラーの処方も可能です。
もし、ブランドカラーの一貫性が、あなたのビジネスの重要なポイントであるなら、ぜひ、CXFファイルを簡単に利用できるようなワークフロー構築をお勧めします。

6つのキーポイント!

1)スタンダードなファイル形式(PDF/X)
2)デザイン段階から正しいブランドカラーを表示
3)CXFメタデータを含むPDF/Xファイル使用ですべてのサプライチェーンパートナーが正しい
ブランドカラーを共有
4)ベタ、中間階調、オーバープリントの正確性向上
5)インクフォーミュレーションデータのエンベット
6)レポート機能

CxF/X-4 運用方法(1)ー ORIS CXF TOOLBOX でCxF/X-4を生成 -

- ブランドカラー(特色インキ)の分光反射率からCXFファイルを生成 -
・登録する特色インキを白バック及び黒バックにて印刷後に其々の分光波長率を収集
・ORIS CXF TOOLBOX に測定した分光波長率(白ベース&黒ベース)を入力
・登録された特色に各種情報を追加入力(ブランドオーナー名等)
・プロセスインキ及び特色インキの刷順情報を設定
・全ての情報を「CXF/X-4」フォーマットでエクスポート

CxF/X-4 運用方法(2)ー ORIS CXF DESIGNER を使用してCxF/X-4をAIにインポート -

- Adobe Illustratorでデザイン段階からCxF/X-4を使用してデータ作成 -
・CXFファイルを AIプラグイン「ORIS CXF DESIGNER」にてスウォッチ化
・CXFスウォッチカラーを対象となるオブジェクトに指定
・レイアウト完成後に「PDF-X4 (incl.CXF/X-4)」にて保存
・特色のCXF情報を含んだ入稿データ(PDF/X-4)が完成

CxF/X-4 運用方法(3)ー Pack#(インク#機能)を使用してCxF/X-4の特色に色置換 -

- 作成済のレアイウトデータ内の特色をCxF/X4の特色でチャンネル置換 -
・CXFファイルを AIプラグイン「ORIS CXF DESIGNER」にてスウォッチ化
・インク#機能を使用して指定した特色チャンネルを全てCxF/X-4の特色チャンネルに置換
・CxF/X-4の特色に置換後、「PDF-X4 (incl.CXF/X-4)」にて保存
・特色のCXF情報を含んだ入稿データ(PDF/X-4)が完成

CxF/X-4 運用方法(4)ー ORIS CXF TOOLBOX でCxF/X-4の特色を埋め込み -

- Adobe Illustrator 以外で作成された製版データの特色をCxF/X4の特色にチャンネル置換 -
・ArtProやPackEdge等で製版されたデータをPDF/X-4で保存
・PDF/X-4を「ORIS CXF TOOLBOX」にインポート
・既存の特色チャンネルをCxF/X-4の特色に置換後に刷順も指定
・「PDF-X4 (incl.CXF/X-4)」にて保存
・特色のCXF情報を含んだ入稿データ(PDF/X-4)が完成

CxF/X-4 運用方法(5)ー CxF/X-4の特色をデジタルプルーフ出力&CCMで活用 -

- 保存したPDF-X4(incl.CXF/X4)をORIS FLEX PACK // WEB で出力! -
・出力設定されたプリントキューにPDF-X4を投入
・特色オーバープリントのシミュレーションは自動的に演算
・出力された特色プルーフの色確認
・CCM(インキ配合計算)ソフトウェアによる特色配合計算のターゲットとしても活用

[ここからサイトナビゲーション]

[ここからサイトマップ]

  • Copyright © CGS Japan, inc. All Rights Reserved.